なにわ伝統野菜と大阪の特産物 栽培のあゆみ

 平成19年度(2008年)

 2008年9月25日 
 会員の井海さんのご提案で、天王寺かぶらと田辺大根の種をはじめてまきました。
 井海さんは絵本『わては天王寺かぶらでっせ』『なにわ伝統野菜のおはなし』の著者の志村敏子先生の実姉でいらっしゃって、種や植え方などご指導いただき、収穫でき、12月末に収穫しました。
 
 
 平成20年度(2009年)
8月7日 志村敏子先生を招き
八尾の枝豆をたべながらおはなしを聞こう!開催

「わては天王寺かぶらでっせ」の
絵本で天王寺かぶらを紹介!

11月27日 

難波りんごさん来校
阿倍野の歴史を6年生に語る

 

 12月7日 天王寺かぶらの収穫と
おつけものづくり

12月10日 
天王寺かぶらと田辺大根のおつけものを呈す

 ■ なにわ伝統野菜から地域の歴史を!
   天王寺かぶらなど、一時はほとんど姿を消していた野菜が、地域活動を通じて"なにわ伝統野菜”として復活されてきました。
   校区や地域の歴史を知ることにより、よりわが故郷が身近になり愛着もわきます。地域の移り変わり、そこに住む人たちの生きる姿を子どもたち自身が調べ、「地球愛」をはぐくむ大人になってほしいものだという学校(当時黒澤義夫校長)の子どもたちの教育の一貫として、 地域園芸クラブでは”なにわ伝統野菜”の植栽をすすめ、自然観察学習園において学校、PTA、地域の方々とのふれあいをめざすこととなりました。
 平成22年度(2010年)
 5月 石橋明吉さん来校

勝間南瓜のおはなしをうかがい種まきをしました。
 7月



9月

観察園入り口左側の全体が
なにわ伝統野菜の畑となる

天王寺かぶら 田辺大根
種まき


12月 収穫

     
大阪府北部農と緑の総合事務所よりいただきました
 
左=吹田くわい
右ふつうのくわい
平成23年度(2011年)
 難波ネギ 収穫!

生産者の上田さんより苗をいただきました。


コットンの木も上田さんよりいただきました
 


 
都島区役所よりいただきました
9月27日

天王寺かぶらの種まき
1年3組のみんな

12月7日(水)14時〜 収穫予定
12月10日(土)
ふれあいもちつき大会にて
おつけものを呈す