本文へスキップ

  人とふれあい 自然とふれあう

〒545-0032 大阪市阿倍野区晴明通10-34

engei@seimeigaoka.com

 地域園芸クラブとは


地域園芸クラブとは       
 晴明丘小学校の 「自然観察学習園」は創立百周年を記念し、PTAをはじめとし、児童、教職員、そして地域の方など沢山のボランティアの方々の手に よって、全くの手作りで完成しました。

 以来、この「自然観察学習園」ではメダカやトンボか観察でき、、5年生が田植えから稲刈りまでを体験したり、 児童の学習の場として活用されています。      
 
 自然観察学習園の植栽は、小学校の植栽計画に基づき、学校、PTA、地域園芸クラブで構成された「自然観察学習園運営委員会」で話し合われます。

 地域園芸クラブは、潤いある自然観察学習園の維持管理のお手伝いを、ボランティアで協力し、現在、季節の花なにわ伝統野菜などをはじめとする植物とメダカ、チョウやトンボなど教科書で学ぶ植生物が、遠くに行かなくても学校内ですべて観察することができるようになること目標とし、子どもたちが実際にふれあえるよう、栽培から収穫まで体験できる楽しい活動を行なっています。
 
晴明丘地域にお住まいの方ならどなたでも入会できます。

  PTA、PTA元実行、元PTA、地域の方々、乳幼児の保護者の方など 
 (会員数 52名 平成28年4月現在)      

 ★自然観察学習園のピンクで囲まれた地域園芸クラブエリアの野菜と花に水をあげます。
  水やり当番は、夏は月に1回程度、冬は2〜3ケ月に1回まわってきます。

 水やり当番表は、会員にメールで送っています。
         
   


トップページ 地域園芸クラブとは 地域園芸クラブの活動と 自然観察学習園のあゆみ 資 料 入会・お問い合わせ